minnadaihuku blog

みんな大福の遊び場

あまり知られていない「シェアする価値がある情報」をみんなで共有するためのブログ

【発掘名作映画】SR サイタマノラッパーシリーズだぜ メーーン Yo Yo Yo

f:id:minnadaihuku:20180417225210p:plain

(SRサイタマのラッパーシリーズ公式ホームページより)

 

 

yoyoyo  yoyoyo

 

ワッツァップ  メーーン

今日の記事はマジでドープな映画紹介だぜ メーン

みんな映画は好きかな? メーン

今日はそんな映画好きなブラザー、シスターたちに送るHIP HOP映画だぜ メーン

今日の夕食は、みそラーメーン

 

 

 

 

 

 

チェケラ!

 

 

 

 

 

 

 

Foooooooooooooooooooooooo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

 

どうも、みんな大福a.k.a ココア大好き(@minnadaihuku)です。

 

みなさんは埼玉というと、どういうイメージでしょうか?

埼玉は「ださいたま」と揶揄される言い方があるように一般の人には

あまりパッとしないという印象が強いようです。

(マツコの人気番組『月曜から夜ふかし』というTV番組でそのようなことを言っていました。)

観光スポットや名産物もあまりなく東京が近いため、霞んでしまうようです。

 

今回紹介する映画はそんな

埼玉を舞台にしたラッパー(yoyoyoする人)の映画です。

 

 SR サイタマノラッパー

この映画について調べたら、制作費とかあまりかかっていないようです。

だから、荒っぽいところとかあります。

 

映画の最初の方は大丈夫かなーってなると思います。

 

でもね観終わった後は「やばい」(語彙がない)です。

 

何でしょうね。私はあんまりやばくなったりしないんですけどね。

 

 

この映画の 主人公(IKKU)は

モテないし、金もないし、仕事にもつかない、

世間的にはだめなやつです。

 

このIKKUと友人たちはSHO-GUNという音楽グループを作っています。

小さな環境でそれなりに楽しんでいます。

 

この映画の名場面に、このSHO-GUNが地元の公民館のような場所へ最近の若者として招待されてラップを披露する場面があります。

地元の人たちから冷静にダメ出しをされます。笑

 

この場面鑑賞したら、

大爆笑するか、痛々しくて顔ひきつるかのどちらかだと思います。笑

 

曲のタイトルは「教育金融ブランニュー」です。笑

 

私はHIPHOPを聴くのが好きです。

日本でHIPHOPやっていたらどうしても「何しているんだこの人?」ってなるのが大方の意見だと思います。

そこをこれ以上ないくらいに突いてきます。

 

他にもいい場面をあげると、地元の友人(千夏)が東京でAV女優になってから地元に帰ってきます。(ちなみにこの役は本物のAV女優みひろさんが演じています。はまっています)

 

千夏はIKKUに対してボロクソに現実的なこと言います。遠慮が全くありませんw

 

でもこの二人の関係がちょっといい感じなんですよね。

地元に残るIKKUに対して、地元を捨てる千夏

変わらないIKKUに対して、変わっていく千夏

全く現実を見ていないIKKUに対して、夢を見ない千夏。

 

否定するにしろ肯定するにしろ鏡のように何かを照らし合わせています。

 

千夏へ淡い恋心を抱いている IKKUが東京へまた戻っていく千夏へ「頑張れよ!」と声をかけると「お前が頑張れバカ!!」と言われる場面が笑えます。

 地方とか田舎から東京へ来た人

なら自分のなかにあるIKKU的な部分と千夏的な部分に共感するのではないかと思います。

 

 

最後の名場面は、ラスト5分間の長回しです。

ラッパーであり映画評論家でもある宇多丸さんも似たようなこと言っていたんですけど、

借り物の言葉でしか喋れなかった彼らが、自分の言葉でリアルな言葉をはけるようになる瞬間。

 

 

 

 

 

すなわちHIP HOPが生まれる瞬間。

 

 

 

 

 

 

私のようなボンクラは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

号泣だぜメーン

 

 

 

 

 

 

 

 

まあラスト五分のところは直視することも辛いのですが、

「いたい、ださい、かっこいい」

 

最高だな!って思います。

  

SR サイタマノラッパー 

 

 

 

 

 

 ちなみにSRサイタマのラッパーは2も3もあります。

 

 

 

SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム

SRサイタマのラッパー2は女性が観ても楽しめると思います。

 

女性は2から見るのがオススメです。

「シュッシュッシュッ!シュッシューーー」って見終わった後言っていると思います。

 

SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム

 

 

 SRサイタマノラッパー3 ロードサイドの逃亡者

SRサイタマのラッパー3は誰が観てもよくできている映画だと思います。

完成度高いです。1で出てきたSHO-GUNグループの一人が主人公です。

主人公の彼女の感じとかが田舎っぽくて良いです。笑

過去のエピソードを知っていたほうが味わい深いと思うので最初から観るほうがオススメです。 

 

 

SRサイタマノラッパー3 ロードサイドの逃亡者

 

 

 

 というわけで今回はSR サイタマのラッパーシリーズをご紹介しました。

 

どのシリーズも見応えがありますし、HIPHOPが好きな人はもちろんHIPHOPに興味ない人もエンターテイメント映画として楽しめます。

 

チェケラ!!!

 

 

以上「【発掘名作映画】SR サイタマノラッパーシリーズだぜ メーーン Yo Yo Yo」の記事でした。

 

では、またね。 Peace!

 

今日のみんな大福

 
ホーミーを思い出す映画だぜメーン! アーイ!
 
 

 

f:id:minnadaihuku:20170305152311g:plain

 

 

www.minnadaihuku.com

www.minnadaihuku.com